事業紹介

救急救命士の価値を
世の中へ

救急救命士は生死に関わる最前線の現場で、
命を助けるために『判断』『処置』『連絡調整』『搬送』を行います。
しかし、救急救命士であるにもかかわらず、法律的な制限により
場所や実施可能な医療行為が限られていました。
また、社会的地位の確立が難しい現状もありました。

2021年10月に救急救命士法の改正が行われました。
それにより、救急救命士の活躍の場が広がりました。
救急救命士の価値を高める変遷であり、
さらなる活動の可能性が広がりました。

救急救命士が本来持っている力を十分に発揮し、
活躍できる場を増やしていくことで社会に貢献できると考え、
弊社では「救急事業部」を立ち上げました。

救急事業部

救急事業部の事業内容

救急救命士が必要な場での活動支援

  • 人材の提供・紹介
  • 行政の委託事業
  • イベント救護
  • 民間救急車の運用

救急救命士の新たな活躍の場を開拓

  • 救急救命士の事業開発 (企画・立案・開発支援 等)
  • 教育

人材の提供・紹介

求められている現場に救急救命士を紹介します。
医療機関:医師・看護師等をサポート・業務の負担軽減
民間:搬送会社・救護所 等

行政の委託事業

新型コロナウイルス感染症拡大による行政の業務逼迫を解消すべく、マンパワー不足によって行政で対応しきれない業務の委託を受けています。

イベント救護

イベント開催者の責務は、参加者の安全を守ることです。
救急救命士が待機することで、万が一事故が発生した際に速やかに対応することが可能です。
また感染対策のコンサル(イベントスタッフへの指導・コロナ陽性者発生時の対応など)も行っております。

民間救急車の運用

救急車の適正利用のため、民間救急車の存在が必要です。
救急救命士が乗車していることで、行政消防と同様の対処が可能です。
また、搬送中の医療トラブルにも対応できます。

救急救命士の事業開発

救急救命士の新たな活躍の場を増やすため、企業様と共に新規事業の開発を行っております。

教育

救急救命士・民間救急車乗務員への搬送に特化した教育を行っております。
長年の行政消防の経験から、安全かつ迅速に搬送できるノウハウを所持しています。
新人救急救命士・民間救急車乗務員の『搬送のプロフェッショナル』へ育成するための教育支援を行っております。